悩み相談 教えて掲示板

・この掲示板を利用するには、Cookieを有効にする必要があります。
『心の癒し 約束ごと』をよく読み、議論にな る投稿は止めましょう。
・不適切と思われる投稿を見つけた場合は、『削除依頼』へお願い します。
・心の癒しでは、メールアドレスを公開される場合は、フリーメールを推奨しています。
 「goo」「Yahoo」などがあります。
『ハンドルネーム登録』で他のユーザーさんのハンドルネームの利用状況が確認ができます。
・サイトや管理人に関するご意見は、管理人板へお願いいたします。

教えて掲示板について
[探し物] [調べもの] [疑問] [質問]などが投稿できます。
PCで困ったことの質問もこちらでお願いします。
* oshiete *
  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索 ┃ 設定  
21 / 3111 ツリー 次へ前へ

【11830】みなさんに質問です。 祐司 17/7/4(火) 22:08
┣ 【11831】Re(1):みなさんに質問です。 Tony 17/7/5(水) 12:31
┣ 【11832】Re(1):みなさんに質問です。 パレ 17/7/6(木) 12:50
┗ 【11836】Re(1):みなさんに質問です。 am 17/7/24(月) 19:41

【11830】みなさんに質問です。
 祐司  - 17/7/4(火) 22:08 -

引用なし
パスワード

管理人へ連絡
   ≪厳しいアドバイスはご遠慮ください≫
≪男性≫
≪30代≫
私は以前、鬱病にかかっていたことがあります。
現在、私の鬱病は治っています。
私には弟がいます。
弟が、私が鬱病だった頃のことを覚えていて、弟が《「こんな兄と同じ血なので自分の血は駄目だ」や「血筋だから、この血が流れている限り自分も兄と同じ鬱病になるのではないか?」》という風に不安に思っているのではないかと私は心配です。
なので弟に直接そのことを思っているかどうか聞きたいのですが
そうすると逆に弟がそのことを気にしてしまうでしょうか?

世間一般では仮に弟と同じような立場で上記の《》内のことを思っているかどうか聞かれたら逆に気にしてしまう人の割合の方が多いのでしょうか?

悩んでいます。回答宜しくお願い致します。
≪規約同意済み≫

【11831】Re(1):みなさんに質問です。
 Tony*  - 17/7/5(水) 12:31 -

引用なし
パスワード

管理人へ連絡
   こんにちは。
周囲20人ほど、
仕事の関係者に質問してみましたが、
全員が
「親類が鬱になったからといって自分に素養があるのではないかと疑うことはない」
と答えました。

鬱は主に、
度重なる心労から脳内物質の分泌不良を起こすことでなる病です。
裸で寝たら誰だって風邪をひくだろう。
というのと、理屈は同じです。
そのことを正しく理解すれば、
そもそも「血筋論」は出てこないのです。
あなたがあなたの「気になること」のために弟さんを巻き込むなら、
まずは鬱についての理解を深めて、
弟さんに大丈夫だよと話せるようになってから、
お話をすると良いでしょう。
≪規約同意済み≫

【11832】Re(1):みなさんに質問です。
 パレ*  - 17/7/6(木) 12:50 -

引用なし
パスワード

管理人へ連絡
   初めまして、祐司さん。

俺は、既婚者で、父親でもある、40代のおっさんです(^^ゞ

>弟が、私が鬱病だった頃のことを覚えていて、弟が《「こんな兄と同じ血なので自分の血は駄目だ」や「血筋だから、この血が流れている限り自分も兄と同じ鬱病になるのではないか?」》という風に不安に思っているのではないかと私は心配です。

このように、弟さんを心配する 切っ掛け があったのですか?
弟さんとの、日常会話に、それを感じたとか、何かしら、サインがあったのでしょうか?

と言うのも、第三者のおっさんからすると、今、祐司さんを苦しめて居るのは、祐司さん自身のように想います。
たとえば、弟さんに、気持ちを確認したとして「全然、そんなこと想って無かった」と返したとしても、祐司さんの、弟さんへの心配&疑念は、消えないように想います。

うつ病の原因として、分類がありますね。
心因性うつ病、内因性うつ病、身体因性うつ病の3つに分ける分類法が、今も使われている筈です。

で、祐司さんが心配してるのは、[内因性うつ病]のことですね。
よく、この意味理解してくださいね。
確かに、2016年だったかの米マサチューセッツ総合病院が発表した論文を発端にして、うつ病には、遺伝的要因があることが、世界共通の認識になってますね(過去は、アジアでしか、証拠が無かったため)。

でも、あくまでも、遺伝によって、
 ”うつ病に、なり易い体質”
の可能性ってことです。

必ず、うつ病になる訳でも無いですね。
しかも、体質的な、要因を持ってても、あくまでも、発症の切っ掛けは、精神的要因と言うのは、今も、変わらないと想います。

つまり、予防の観点や、症状を疑うことは良いですが、うつ病を 誘う 心理&思考は、危険って話です。

弟さんが、ポジティブな思考性があるなら、敢えて、それらの知識は、入れない方が良いと思います。

>現在、私の鬱病は治っています。

むしろ、弟さんを心配するより、ご自身の思考性を、ポジティブ思考にする癖をつけることを勧めます。
その方が、心に優しいです。

≪規約同意済み≫

【11836】Re(1):みなさんに質問です。
 am*  - 17/7/24(月) 19:41 -

引用なし
パスワード

管理人へ連絡
   ▼祐司さん:
>≪厳しいアドバイスはご遠慮ください≫

ごきげんよう。

過去に鬱病にかかられていたとの事、現在は寛解されて良かったですね。

私も過去に鬱病を患った経験がありますので、少しは理解できるところもあるかと思います。
鬱病とはいっても人により症状は様々なので、こうと言い切れるものではないのを前提に感じたことを書かせて頂きますね。

私が祐司さんの文面を拝見して感じたこと・・・

弟さんに鬱病に関して聞きたいことがあるというよりは、もし弟さんが鬱病になる事があれば自分が責められるのではないかという【恐怖】が漠然とあったり、弟さんに何も言われなくても弟さんが鬱病になってしまったら自分のせいではないかと脈絡もなく自分を責めてしまいそうな【不安】があるのかなと感じました。

鬱病になりやすい人のタイプの中には、何事に対しても自責の念を抱いてしまいやすい傾向があります。
そういうタイプの人は、自分とは全く関係のない状況であっても、自分には全く非がなくても、自分というアイデンティティに結びつけて考えて『自分のせいなんじゃないか』と自分を責めてしまいます。

私が祐司さんの文面から感じた限りでは上記のようなタイプに当てはまるのではないかなと感じます。
そして祐司さんはそんな自分を責めてしまいそうな可能性に対する防御反応のようなものから、あらかじめ弟さんから『兄(祐司さん)のせいではない』という言葉を引き出して安心したいのではないでしょうか。

そう考えていくと、祐司さんにとって本当に必要なことは弟さんに聞きたい事を聞くのではないように思います。
【未だ起こっていない事象】に対して不安になるのは自分自身の心の問題であって、様々な環境因子によってどのようにでも変わるような【誰にも予測できない未来】に対して他人が責任を負うことは不可能だからです。

環境によってはどんな人間でも鬱病になる可能性があるのです。
もし弟さんが何かのきっかけで鬱病になったとしても、鬱病に至るまでのプロセスには弟さんを取り巻く祐司さんの知らない・関係のない環境も含まれますし、特定の誰かのせいとは限りません。

もし弟さんが現在何の問題もなく健常な状態であるなら、祐司さんが鬱病について今から問うても『唐突に何を言ってるんだ?』というレベルで奇怪に映る行動になってしまいそうです。もしかしたら鬱病再発の予兆とも取れます。

今の祐司さんに必要なのは自分を責める思考を意識して無くしていけるようにすることかなと思います。

どんな未来が待っていても先のことはわからない、ただ今できる限りの事を【自分のため】にするだけ。

今できる限りの事を精一杯やれば、それで良い結果に結びつかなくても『やれるだけの事はやったから仕方がない』と自分を許せますし、良い結果に結びつかなかった原因を考えて、またそこから今できる限りの事をすればいい・・・そうやって良い循環ができていくのではないかなと私は自身の経験から思います。

自分を責める未来を予測するのではなく、今の自分に納得できるだけの事を【今からやる】のが大切なのではないでしょうか。


>>>私は以前、鬱病にかかっていたことがあります。
>現在、私の鬱病は治っています。
>私には弟がいます。
>弟が、私が鬱病だった頃のことを覚えていて、弟が《「こんな兄と同じ血なので自分の血は駄目だ」や「血筋だから、この血が流れている限り自分も兄と同じ鬱病になるのではないか?」》という風に不安に思っているのではないかと私は心配です。
>なので弟に直接そのことを思っているかどうか聞きたいのですが
>そうすると逆に弟がそのことを気にしてしまうでしょうか?
>
>世間一般では仮に弟と同じような立場で上記の《》内のことを思っているかどうか聞かれたら逆に気にしてしまう人の割合の方が多いのでしょうか?
>
>悩んでいます。回答宜しくお願い致します。
>
≪規約同意済み≫

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索 ┃ 設定  
21 / 3111 ツリー 次へ前へ
ページ:  ┃  記事番号:
615,127
copyright 2000-2007© 悩み相談サイト心の癒し