悩み相談 性格・心の悩み
心配しないで。あなたの悩みは解決できる。
人の悩みを解決することは自分の悩みを解決することと同じ。
だからあなたも一緒に話を聞いてあげてください。
・悩みごと掲示板を利用するには、Cookieを有効にする必要があります。
『心の癒し 約束ごと』をよく読み、議論にな る投稿は止めましょう。
・不適切と思われる投稿を見つけた場合は、『削除依頼』へお願い します。
・心の癒しでは、メールアドレスを公開される場合は、フリーメールを推奨しています。
 「goo」「Yahoo」などがあります。
『ハンドルネーム登録』で他のユーザーさんのハンドルネームの利用状況が確 認ができます。
・サイトや管理人に関するご意見は、管理人板へお願いいたします。
この掲示板は「回答の約束ごと」にご同意いただいた方と、相談者(スレ主)だけが返信投稿できます。新規のご相談はどなたでもできます。

 「性格・心についての悩み」 旧掲示板の 過去ログはこちら (※閲覧のみ)。
  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索 ┃ 設定  
7 / 5002 ツリー 次へ前へ

【20968】話を聞いていたら「何見てるの?」と言われ... MAMI 18/10/5(金) 22:53
┣ 【20969】Re(1):話を聞いていたら「何見てるの?」と言われ... Tony 18/10/5(金) 23:26
┃┗ 【20971】ありがとうございます。 MAMI 18/10/7(日) 17:40
┗ 【20970】Re(1):話を聞いていたら「何見てるの?」と... パレ 18/10/6(土) 5:27
 ┗ 【20972】社会勉強ですね。 MAMI 18/10/7(日) 18:06
  ┗ 【20973】Re(1):社会勉強ですね。 パレ 18/10/9(火) 13:20

【20968】話を聞いていたら「何見てるの?」と言われ...
 MAMI*  - 18/10/5(金) 22:53 -

引用なし
※相談者以外の方の返信は登録が必要です
パスワード

管理人へ連絡
   ≪厳しいアドバイスはご遠慮ください≫
≪女性≫

度々失礼いたします。

今日の晩御飯の時、母が理解していないことを、兄が一生懸命説明していたのですが、それは私も知らない情報だったので「聞き落とさないようにしよう」と兄を見つめて話を聞いていたら、突然兄が「何見てるの?睨んでる?」と言ってきました。
私は一切睨んでいるつもりではないのに、何故か「威嚇されている」ように感じたそうです。
父から「人が話しているときにその人の目を見ると、『何ガン飛ばしてるんだ』と誤解されることがあるから、目はそらして口を見て話を聞け」と言われ、物凄く悲しくなりました。

いい年してなんだと思われることは覚悟してますが、「人と話すときは、目を見て話しましょう」と、幼い頃はみんな言われますよね?
それが何故大人になると、「話すときは目ではなく、目に近い口元を見ろ」と言われるのでしょうか。

確かに私も二人のうち一人と話しているときに、もう一人にじっと見つめられると気になるかもしれませんが、家族全員に「相手を見るな」と言われてなんとも納得がいきません。
人の話を聞き落とさないように、相手を見ることっておかしいのでしょうか?
元々人付き合いは苦手なのですが、「人を見て話を聞く」ことは、コミュニケーションにおいて、タブーなのですか?

アドバイスがありましたら、どなたかご回答をお願い致します。
≪規約同意済み≫

【20969】Re(1):話を聞いていたら「何見てるの?」と...
 Tony*  - 18/10/5(金) 23:26 -

引用なし
※相談者以外の方の返信は登録が必要です
パスワード

管理人へ連絡
   こんにちは。
読ませていただきました。

まずは、悲しかったという、
あなたのお気持ちを受け止めたいと思います。
この度は災難でしたね。

さて、
子どもに「目を見なさい」と躾るのは
聞く姿勢の躾だろうなと、
僕は思います。

子育てや、子どもを教育する場に身を投じれば分かることなのですが、
子どもほど「聞いてるのか分からない聞き方」をします。
目を合わせない
というレベルではなく、
顔を背ける、
こちらを向いていない
他のところを見ているなど、
大人からすると「聞いてないのか」と思える態度が多いのです。

それを正し、躾る意味で、
相手の目を見なさい
と指導します。
実際大人でも、
明確な意思を伝えたい場面、集中したい場面ほど、
やはり相手の目を見るようにします。

大人は長年のコミュニケーションで、
「そうした方がいい」
ということを学んでいるから、
子どもにもそう伝えるのでしょうね。

しかしやはり、
目をじっと見ると「睨まれているような気がする」のも事実です。
これもまた、大人ほど、
長年の経験から実感していることだと思います。
睨むという行為自体、目で敵意を示すわけですから、
相手の目に向けて「敵意を伝えようとする」ことも多いです。

子どものころに、
目付きの悪さから、
普通に相手を見ているだけのつもりなのに
「何睨んでるんだ」「怒ってるの?」
というようなことをよく聞かれて困った
というエピソードを持っている人も結構います。

あなたは「そうやって育ったのに」と言いますが、
大人になる過程で
「目ばっかり見ないほうが良い」
ということを経験したり、学習したり、
アドバイスを受ける人も、かなり居ます。
面接のレッスンを受けたことのある人なら、
高い確率で「目ではなく鼻や口元を見ましょう」という指導を受けたことがあるほどです。

悲しい気持ちになる
あなたのことを否定はしませんが、
事実もまた否定するものではありません。

どうしてなのか
それを理解したら、
次はより良き選択をしていきましょう。
ただ悲しむ
という選択は、心に良い効果は少ないのではないでしょうか。
≪規約同意済み≫

【20971】ありがとうございます。
 MAMI*  - 18/10/7(日) 17:40 -

引用なし
※相談者以外の方の返信は登録が必要です
パスワード

管理人へ連絡
   ▼Tonyさん:
ありがとうございます。タイトルが切れちゃってますね…すみません。
コメントを読ませて頂いて思い出したのですが、医療事務の勉強をしていたことがあり、その際に「患者様と会話をするときは鼻のあたりを見ること。目を見ると睨まれていると思われることがある」とカリキュラムに書かれていたことを思い出しました。


>子どものころに、
>目付きの悪さから、
>普通に相手を見ているだけのつもりなのに
>「何睨んでるんだ」「怒ってるの?」
>というようなことをよく聞かれて困った
>というエピソードを持っている人も結構います。
>
>あなたは「そうやって育ったのに」と言いますが、
>大人になる過程で
>「目ばっかり見ないほうが良い」
>ということを経験したり、学習したり、
>アドバイスを受ける人も、かなり居ます。
>面接のレッスンを受けたことのある人なら、
>高い確率で「目ではなく鼻や口元を見ましょう」という指導を受けたことがあるほどです。
>

真剣に聞きたいときほど相手をじっと見てしまうのですが、「時々目をそらすこと」は重要素だとも、後で両親に言われました。

なんか…時と場合をとっさに判断しろということなのだと思いますが、言われてからはわざと目をそらしたり、俯いたりと聞く姿勢を変えています。
私は精神疾患を患っているので、人の言葉を一つとして聞き落してはいけないといつも考えているのですが(病気が重度の時、父から「話聞いてるのかよ」と言われたことがあるので)、それが相手に威嚇や恐怖を与えてしまうこともあるのですね。

>悲しい気持ちになる
>あなたのことを否定はしませんが、
>事実もまた否定するものではありません。
>
>どうしてなのか
>それを理解したら、
>次はより良き選択をしていきましょう。
>ただ悲しむ
>という選択は、心に良い効果は少ないのではないでしょうか。

コミュニケーションが苦手な私には、ある意味良い経験だったかもしれません。
その時は凄く傷付きましたが、これが「大人になっていく」ことなのかと実感したのも確かです。

正直今もまだ理解できない気持ちではありますが、自分なりに努力して、時々医師の意見も聞いて、人の話に耳を傾ける姿勢を改めていこうと思います。
≪規約同意済み≫

【20970】Re(1):話を聞いていたら「何見てるの?」と...
 パレ*  - 18/10/6(土) 5:27 -

引用なし
※相談者以外の方の返信は登録が必要です
パスワード

管理人へ連絡
   お早う、MAMIさん。

眠るタイミングを逃して、早起きでは無くて、このままだと徹夜だ(笑)
あっ脱線(^^ゞ

俺も、目を見て話すけど、聴くときは、時々、目をそらしてます。
これ、ここ数年で変化したのだけどね。

まずね、そもそもの話しなんだけど、
 [話をする時に、相手の目を見なさい]
の意味を考えましょう。

これは、会話している相手への<私は、貴方の話を聞いてますよ>って、意志表示のためってことで、それが、礼儀だとして言われることです。

解ります?
重要なのは、<会話をしている 相手>です。

今回のケースでは、お兄様が会話している相手は、お母様ですよね。
なので、この 教え が成立するのは、基本的には、お母様ってことです。

まあ、だからと言って、第三者が、目を見て聞いていたら、失礼だとか、威嚇しているってことには、直結しないですけどね。
それはそれとして、MAMIさんが、「教えと違う」として、悲しむとしたら、それは、勘違いって話です(上記の解説です)。

さて、では、お兄様が、そのように反応した心理とは?と考えてみましょう。

お母様に、必死に、説明していたのですよね?
自分が理解していることでも、他人に説明するのは、難しいものです。
何故なら、理解するにも、人によって、順番などの違いがあるからです。

もしかしたら、お兄様の説明は、お母様を納得させるには、かなり苦労してませんでしたか?
だとしたら、その反応は、ある程度、想像可能ですよ。

まずは、上手く伝わらないことへのイライラだったり、お母様の理解力自体に、イライラしていたのかもしれません。

または、説明しているうちに、理解していると思っていた、自分の知識に、自信が薄らいできていたのかもしれません。

そして、もう1つ。
理解してくれないお母様に、何度も説明している状態に、自分で客観視した時、まるで、お母様を 責めている ような自分を感じたのかも知れません。

と、ここまでの想像で、反応に対する推論しては・・・

イライラの場合は簡単ですね。
それをそのまま、MAMIさんに八つ当たりしたって感じですね。

次に、自分の理解に、自信を無くしていた場合。
第三者からの視線は、自信の無い自分に対しては、間違いを指摘されるかも知れないって恐怖があると想います。

で、まるで責めているように客観視の場合。
上記と同様に、第三者の視線は、自分が、加害者のように感じるってことです。

当然だけど、これらは、全部、俺の、勝手な想像ですから、全然、違うかも知れません(笑)

伝えたいことは、自分の 想い と、相手の受け取り方は、必ずしも、一致しないってことです。
解ったことは、お兄様は、同様のケースでは、第三者(会話の相手以外)は、あまり、目を 凝視(見続ける) は、しない方が良いってことを、知れたってことです。
それだけの事です。
嫌な想いをしたってことだから、素直に、謝っておけば良いことですね。

>元々人付き合いは苦手なのですが、「人を見て話を聞く」ことは、コミュニケーションにおいて、タブーなのですか?
>

俺の考えでは、タブーでは無いですよ。
最初に書いた通り、会話の相手なら、むしろ、その方が、相手への信頼を得られると想いますよ。

但し、会話の内容によっては、目を見るのは、逆の効果を持ちます。
例えば、説教されているような場合です。
怒っている相手に、じっと見つめるような聞き方だと、反省もしてないし、むしろ、反感を持って居ると取られる場合がありますね。
なので、ケース・バイ・ケースで、必ずしも、礼儀には、ならない場合もあるってことです。

こっからは、雑談として・・・

>父から「人が話しているときにその人の目を見ると、『何ガン飛ばしてるんだ』と誤解されることがあるから、目はそらして口を見て話を聞け」と言われ、・・・

最後の、<目はそらして口を見て話を聞け>は、あまりお勧めしないです(^^ゞ
特に、男性の場合はね。

心理学において、男性が、女性の口元に目を凝視するのは、性的な欲求ってのがあるからです。

その逆の意味で言うと、女性は、あまり長く、異性に対して、目を合わさないほうが良いってのもあります。
無視って意味では無いですよ。
適度に、別の 空間 などに、視線をそらすなどして、長い凝視を避けるってことです。

まあ、身内には関係ないですが、他人だと、女性の異性への凝視は、<勘違い>を呼ぶからです。
「私、貴方に好意がありますよ」って勘違いね(笑)

≪規約同意済み≫

【20972】社会勉強ですね。
 MAMI*  - 18/10/7(日) 18:06 -

引用なし
※相談者以外の方の返信は登録が必要です
パスワード

管理人へ連絡
   ▼パレさん:
どうもです!タイトルが切れててすみません。
私も徹夜は苦手です…ではなくて、やっぱり人の目を見て話を聞くのはあまりいい印象がないのでしょうか。


>解ります?
>重要なのは、<会話をしている 相手>です。
>
>今回のケースでは、お兄様が会話している相手は、お母様ですよね。
>なので、この 教え が成立するのは、基本的には、お母様ってことです。
>
>まあ、だからと言って、第三者が、目を見て聞いていたら、失礼だとか、威嚇しているってことには、直結しないですけどね。
>それはそれとして、MAMIさんが、「教えと違う」として、悲しむとしたら、それは、勘違いって話です(上記の解説です)。
>
>さて、では、お兄様が、そのように反応した心理とは?と考えてみましょう。
>
>お母様に、必死に、説明していたのですよね?
>自分が理解していることでも、他人に説明するのは、難しいものです。
>何故なら、理解するにも、人によって、順番などの違いがあるからです。
>
>もしかしたら、お兄様の説明は、お母様を納得させるには、かなり苦労してませんでしたか?
>だとしたら、その反応は、ある程度、想像可能ですよ。
>
>まずは、上手く伝わらないことへのイライラだったり、お母様の理解力自体に、イライラしていたのかもしれません。
>
>または、説明しているうちに、理解していると思っていた、自分の知識に、自信が薄らいできていたのかもしれません。

その解釈は私の中にありませんでした。
そういえば、私が兄をじっと見てて話を中断されたとき、私は「自分も理解したくて…」と兄に告げた所、母は「私はまだ理解できてないんだけど」と言っていました。
母は「自分が理解しないと、話相手を逃がさない」というちょっと脅迫めいた一面があります。だから兄は母を納得させようと一生懸命説明してて、私の視線に気づいて、「なんだこいつは」と思ったのかもしれません。


>そして、もう1つ。
>理解してくれないお母様に、何度も説明している状態に、自分で客観視した時、まるで、お母様を 責めている ような自分を感じたのかも知れません。
>
>と、ここまでの想像で、反応に対する推論しては・・・
>
>イライラの場合は簡単ですね。
>それをそのまま、MAMIさんに八つ当たりしたって感じですね。

イライラはしているようには見えませんでしたが、以前も同じようなことがあり、私が兄を見ていることに「何か兄さんが変なこと言ってる?」というような質問を投げかけられたことがありました。
兄は人と話をするときに目を時々そらすので、何度も目が合う私に違和感(威圧感)を抱いたのかもしれません。


>解ったことは、お兄様は、同様のケースでは、第三者(会話の相手以外)は、あまり、目を 凝視(見続ける) は、しない方が良いってことを、知れたってことです。
>それだけの事です。
>嫌な想いをしたってことだから、素直に、謝っておけば良いことですね。

とりあえず、承知いたしました。これは経験していかないとどうしようもないかもしれませんが、相手を見つめ続けることは「時として誤解を生む」ことは何とか分かりましたので、「わざとそらす癖」も磨いた方が良いのでしょうね。


>こっからは、雑談として・・・
>
>>父から「人が話しているときにその人の目を見ると、『何ガン飛ばしてるんだ』と誤解されることがあるから、目はそらして口を見て話を聞け」と言われ、・・・
>
>最後の、<目はそらして口を見て話を聞け>は、あまりお勧めしないです(^^ゞ
>特に、男性の場合はね。
>
>心理学において、男性が、女性の口元に目を凝視するのは、性的な欲求ってのがあるからです。
>
>その逆の意味で言うと、女性は、あまり長く、異性に対して、目を合わさないほうが良いってのもあります。
>無視って意味では無いですよ。
>適度に、別の 空間 などに、視線をそらすなどして、長い凝視を避けるってことです。
>
>まあ、身内には関係ないですが、他人だと、女性の異性への凝視は、<勘違い>を呼ぶからです。
>「私、貴方に好意がありますよ」って勘違いね(笑)


ある意味「変質者対策」として役に立ちそうな助言をありがとうございますw
確かに男性が女性の口を見つめるのは、あまり健全とは言えない感じがします。
女性が男性に対する視線の先も誤解を生むことがあるのは、私が女性なので分かる気がします。

どちらにしても、相手をじっと見つめるのは、家族間だけではなく、社会においてもあまり感心できることではないんだなということは分かりました。

自分も「相手の言葉は全部理解しなければ」と意識しすぎているのかもしれません。
自然体でいられればいいなと思います。
≪規約同意済み≫

【20973】Re(1):社会勉強ですね。
 パレ*  - 18/10/9(火) 13:20 -

引用なし
※相談者以外の方の返信は登録が必要です
パスワード

管理人へ連絡
   こんにちは、MAMIさん。

念のために、補足です。

>・・、やっぱり人の目を見て話を聞くのはあまりいい印象がないのでしょうか。

ここについて。
悪く考える必要は無いと想うよ。

あくまでも、[ケース・バイ・ケース]ってことで、凝視されることを、嫌がる人も居るって話です。
当然だけど、
 「何故、人の話を聞くときに、目をそらす?」
と、逆に不機嫌になる人も居るって話です。

でね、俺が、ここ数年で変化しているのは、年齢のせいもあります。

俺が会話する相手が、多くの場合、歳下になり、目を見ながら話すと、威圧感を感じる可能性を理解したからです。
会話の目的は、当然、想いを、正しく伝えたいので、威圧感が邪魔すると、本質を伝えにくくなりますね。
それで、威圧感の緩和の意味で、目をそらします。

聴くときも、相手が、心地よく話せるように、時々、目をそらしてます。
そらす方向と、タイミングで言うと、頷くように、下の方向にそらしてます。
結果、<ちゃんと、聴いてますよ>と表現しつつ、威圧感を緩和するために、目をそらせてます。

コミュニケーション能力が低いと思っていたり、そもそも、会話が苦手な人は、自分の発言自体に、自信が持てない人が多いです。
そんな人に、凝視することは、プレッシャーになります。

そこで、時々、目をそらすのは、
 <隙を作る>
って意味になります。

そうです、わざと、隙を作るための行為が、目をそらすって意味です。
決して、相手を軽視する為では無いってことです。

「ほらっ、今、話して」って感じですかね(笑)

色んな人が居ますからね。
会話の方法の、正解なんて無いと想います。
色んな人と会話して、覚えて、その経験を増やすことで、「こんな人には、○○な会話を」って感じに、自然に、会話が出来るようになるもんですよ。

傷つけたと解ったら、謝れば良いことです。
もっと、その人と会話をしたいのは、変わらないのだから。

新しい出会いを怖がらず、経験が増えることを、楽しむように、意識を向ける方が、幸せを感じられますよ。

≪規約同意済み≫

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 番号順表示 ┃ 検索 ┃ 設定  
7 / 5002 ツリー 次へ前へ
ページ:  ┃  記事番号:
688,874
copyright 2000-2007© 悩み相談サイト心の癒し